食を美味しくする秘訣

炒め物や煮物などちょっと味が足りないと思う時があります。その時は、今まで使っている調味料にプラスして、さらに調味料を入れます。例えば、炒め物に塩やコショウや醤油を使っていたとすると、それらにプラスして、鰹だしやコンソメの素を加えます。そうすることで、味に深みがまして美味しくまた食が進みます。
サラダにマヨネーズやドレッシングを使って物足りないのでしたら、それにもだしやコンソメの素を入れることで、美味しくなります。また、辛しやわさびを使うとマヨネーズとあわさってそれほど辛くはなくて、本当に美味しいです。
このようにさらに調味料をプラスする方法と、食材そのものに着いているワックスや防腐剤などを落として、より新鮮に安全にする方法があります。
それは、牡蠣の貝殻を粉状にしたもので、それを入れ物に入れて水に溶かします。その中に野菜や魚や鶏肉、卵を5分ほど着けて、最後に水洗いします。これだけで食材がパリッとして鮮度が長持ちして、味に違いが出ます。ほんのちょっとの工夫で味が変わります。
一人暮らしの料理